• 自助具の紹介、説明をします!

    自動車免許を返上したら当然のことながら行動範囲が狭くなってしまう
    最近、認知症になった場合のことを考えて、高齢者の方が免許を返上したというニュースをよく耳にします。確かに免許を返上することで高齢の方にありがちなブレーキの踏み間違いによる大事故を防げることができます。

    ただ、自動車免許の返上は一気に自身の行動範囲を狭めてしまうことになります。しかし、近年、行動範囲は自動車には及びませんが、ある程度の行動範囲を確保することができる高齢者向けの電動アシスト自転車が販売されています。

    電動アシスト自転車があれば、普通の自転車の様に疲れることなく遠くまで外出できます。また、自動車の様なブレーキの踏み間違いによる大事故を起こす心配をする必要もありません。

    そこで今回は、ブリヂストンの小柄な高齢女性でも扱いやすい20型電動アシスト自転車アシスタユ二プレミア20インチを紹介させていただきます。



    ブリヂストン「アシスタユニプレミア20インチ」


    img_assista20@2x


    画像 ブリヂストン「アシスタユニプレミア20インチ」

    本体サイズ(全長×全幅)mm 1570mm×580mm
    タイヤサイズ 20インチ
    総車両重量(kg) 21.9kg
    1充電あたりの走行距離 【強】約49km
    【弱】約72km
    変速機方式 内装3段変速
    最低乗車身長 128cm以上
    バッテリー容量 12.3Ah
    充電時間 約3.5時間

    「アシスタユニプレミア20インチ」は20型の誰でも扱いやすい電動アシスト自転車です。最低乗車身長128cmと低いために小柄な女性でもしっかりと足をつくことが出来きます。車体が軽く重心が低いので自転車の取り回しが小柄な高齢女性でもラクに行えます。スイッチパネルは表示をシンプルにすることで操作を簡単にしているので、走行中操作で混乱することなく、自転車の運転に集中しやすくなっています。


    電動アシスト自転車の共通事項とアシスタユニプレミア20インチの特長


    電動アシスト自転車の共通事項

    これは国産の2輪タイプの電動アシスト自転車に共通することですが、電動アシスト自転車に備え付けられている電動モーターにより、時速10キロまでは普通の自転車の約3分の1の力、時速17キロだと普通の自転車の約2分の1の力で済みます。(※どのメーカーの2輪タイプの電動アシスト自転車も安全防止のためアシストは時速24㎞で働かなくなるようになっています。)

    そのため、電動アシスト自転車は自転車を楽に漕げるだけでなく、重たい荷物を積んでいてもハンドルがふらつかなかったり、楽に坂道を登れたりします。


    アシスタユニプレミア20インチの特長

    img_assista20@2x


    フロントバスケット(前カゴ)
    幅41.2㎝×奥行34.5㎝×高さ24.5㎝のフロントバスケットです。小物が落ちにくいドレスラウンドバスケットです。


    ふかふかサドル
    お尻が痛くなりにくいサドルです。


    低床フレーム
    フレーム高さが34㎝の誰でもまたぎやすいフレームです。


    取っ手付きリヤキャリア(後ろの荷台)
    取っ手付きですのでスタンドをラクにかけることができます。



    ソーラーテール
    太陽光で充電し走り出すと自動点滅しだすので、夜間でも自動車のドライバーに気づいてもらいやすく安心です。停車後も約1分間点滅しますので更に安心です。


    ペダル
    一漕ぎで進む距離はタイヤの大きい26インチと同じです。


    操作パネル
    img_point_02@2x (1)

    大きな画面で見やすいです。操作も簡単に行えるので走行中混乱しにくいので運転に集中できます。