• 自助具の紹介、説明をします!

    キューピーやさしい献立「おじや牛すき焼き」とは

    キューピーやさしい献立「おじや牛すき焼き」は、歯ぐきでつぶして食べることのできる介護食品です。卵でふんわりとじた、牛肉、玉ねぎ、豆腐入りのすき焼き風おじやです。
    DSCN7064

    画像 キューピーやさしい献立「おじや牛すき焼き」


    キューピーやさしい献立「おじや牛すき焼き」の対象

    キューピーやさしい献立「おじや牛すき焼き」は、日本介護食品協議会により制定された4段階の区分では2になります。「かたいものや大きいものは食べづらい」「ものによってはのみこみづらい」方のための介護食品です。
    kubun_big

    画像日本介護食品協議会により制定された4段階の区分
    ※画像をクリックすると大きく表示されます。


    実際に鍋のお湯で温めて食べてみました<キューピーやさしい献立「おじや牛すき焼き」

    実際にキューピーやさしい献立「おじや牛すき焼き」を鍋のお湯で温めて食べました。

    DSCN7073

    画像 鍋のお湯で「おじや牛すき焼き」を温める


    DSCN7177

    画像 お皿に盛り付けた「おじや牛すき焼き」


    <別法「おじや牛すき焼き」の温め方>
    DSCN7087

    画像 「おじや牛すき焼き」を容器に移し替え、ラップをかけて、電子レンジで温める(温めた直後)



    キューピーやさしい献立「おじや牛すき焼き」を電子レンジで温める方法もあります。その場合「おじや牛すき焼き」を容器に移し替え、その容器にラップをかけて温めてください。温める目安は500wで約40秒です。因みに我が家の電子レンジでは500wで約1分温めないときちんと温まりませんでした。(※パッケージにも電子レンジの機種によって温め時間を加減してくださいと書いてありますので、電子レンジの500w約40秒というのは温める際のあくまでも大まかな目安と考えておいた方がいいでしょう。)



    <キューピーやさしい献立「おじや牛すき焼き」を実際に食べた感想>
    DSCN7063

    私が実際に「おじや牛すき焼き」を食べた感想としては一般的なレトルト食品にありがちなくどさはなく、少しあっさりながら味はしっかりしていると感じました。



    フードジャーを用いれば外出先でも温かいまま「おじや牛すき焼き」を食べることが可能

    フードジャーを用いれば外出先でも出来立ての様に熱々とはいきませんが、ある程度温かいまま「おじや牛すき焼き」を食べることが可能ですので、外出先の食事に困ることはないでしょう。(※エアコンの温度を26℃に設定した室内での実験ではフードジャーに入れた「おじや牛すき焼き」の3時間後の温度は51.0℃でした。)

    DSCN7070
    画像 『象印 (ZOJIRUSHI) ステンレスフードジャー 350ml クリーム SW-EE35-CC』


    DSCN7072
    画像 『象印 (ZOJIRUSHI) ステンレスフードジャー 350ml クリーム SW-EE35-CC』のふたを開ける


    DSCN7094
    画像 『象印 (ZOJIRUSHI) ステンレスフードジャー 350ml クリーム SW-EE35-CC』に「おじや牛すき焼き」を入れて保温


    DSCN7099
    画像 『象印 (ZOJIRUSHI) ステンレスフードジャー 350ml クリーム SW-EE35-CC』に「おじや牛すき焼き」を入れた直後の温度は約71.8℃


    DSCN7105
    画像 3時間後の「おじや牛すき焼き」の温度は51.0℃